リースのメリットについて

  • HOME
  • > リースのメリットについて

リースのメリットについて

メリット1

資金を効率よく運用できます。

機械設備などを導入する場合、多額の初期投資が必要となります。しかし、リースをご利用いただきますと、月々一定のリース料のお支払いで済み、余裕資金を他の緊急な資金利用や有利な投資、研究・開発にご活用いただけます。

点線
メリット2

最新の設備が使えます。

技術革新のはげしい機械設備は、法定耐用年数に達しないうちに旧式化する恐れがあります。技術革新の早い機器などは、短いリース期間を設定することで、最新機器に入れ替えられ、設備機器の陳腐化を防ぐことができます。

点線
メリット3

リース料は全額経費処理できます。

リース料は、全額経費処理できます。また、リース料は月々一定ですから事業計画の立案などが容易になります。

点線
メリット4

事務負担が軽減されます。

減価償却、保険手続きなど設備機器の所有に伴う面倒な手続きはすべてリース会社が行うため、社内事務等は大幅に合理化されます。(社内事務:資産の計上・固定資産の減価償却や納税など / 保険事務:契約・保険料の支払いなどの事務)

点線
メリット5

金利変動リスクが回避できます。

借入れによる購入の場合には、借入金の利率の影響を受けますが、リース料の場合、リース期間中は固定ですので、金利水準の変動リスクを負う事はありません。

点線
メリット6

事業計画に融通性が持てます。

購入の場合と異なり、リースであれば機械設備の資産計上、償却事務、固定資産税の申告・納付、損害保険の付保手続が省略でき、事業計画もスムーズに進みます。

点線