リースの手続き/リースの仕組み

リースの仕組み/リースの手続き

リースの仕組み

リースの仕組み
リース対象物件

産業機械、事務機器、医療機器、商業設備、建設機械、ソフトウェア、自動車などあらゆる機械・設備(動産)が対象になります。

契約とリース物件の納入

あらゆるメーカーの製品がリースの対象となります。
物件が決まりましたら、当社が発注購入し、メーカー又は、ディーラーから直接お客様の指定場所へ納入いたします。

リース料

物件の引渡し(検収)と同時に初回のリース料を現金で支払っていただき、第2回目以降は、原則として均等額を預金口座振替でお支払いいただきます。

リース期間

物件の種類や用途により、実際の使用可能年数(経済耐用年数)を考慮してご検討いただくことになります。但し、税務上、物件に適用される法定耐用年数に応じた制限があります。

法定耐用年数10年未満の物件は、その期間の7割以上で、法定耐用年数10年以上の物件はその期間の6割以上で決めていただきます。尚、税務通達で決められている最短リース期間は次の通りです。

法定耐用年数 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
最短リース期間 2 3 4 5 6 7 8 9
固定資産税と損害保険

原則として全ての物件に、リース期間を通して動産総合保険を付保しています。
なお保険料や固定資産税の申告と納付などの一切の手続きは当社が行いお手を煩わすことはありません。

留意事項

リース期間中は原則として中途解約はできません。
リース期間中に生じる物件の維持管理についての費用はメンテナンスリース(カーリース関係)以外はお客様でご負担いただきます

リースの手続き

[ 1 ] 物件の交渉・決定

お客様は、機種・仕様・価格・納期等の諸条件をメーカー・ディーラーと決定していただきます。
メーカー・ディーラーを当社からご紹介することもできます。

矢印
[ 2 ] リースのお申込・審査

契約のお申込みに際しては、会社経歴書(商業登記簿等)、財務諸表等をご提出ください。

矢印
[ 3 ] お見積り提出・契約締結

お決めいただいた物件の内容(金額・法定耐用年数)を基にお見積を提出いたします。
お客様との間で審査結果を基にご契約条件を取決め、リース契約を締結します。

矢印
[ 4 ] 物件発注・売買契約締結

当社が、指定された物件をメーカー・ディーラーに発注し、売買契約を結びます。

矢印
[ 5 ] 物件の納入

お客様のもとへメーカー・ディーラーが直接、物件を納入いたします。
アフターサービス(保守契約)はお客様とメーカー・ディーラーの間で直接ご締結ください。

矢印
[ 6 ] リース開始(リース料のお支払い)

物件納入後(検収後)にお客様より借受証に捺印を頂いた時点からリースが開始されます。

矢印
[ 7 ] 物件代金のお支払い

借受証受領後、売買契約に基づき、メーカー・ディーラーに物件代金を責任を持って支払います。

矢印リース期間満了
  • 再リース
    ・お客様は、基本リース期間満了後、再リースを選択することができます。
    ・再リースのリース料金は、基本リース料と比べ大幅にお安くなります。
  • 契約終了
    ・ご使用されなくなった場合は、物件を当社にご返却いただきます。尚、ご返却に伴う諸費用(運搬費等)はお客様のご負担となります。